加齢による"薄毛脱毛"のしくみを明らかにする

ブブカ 生えるスクープ画像公開

 

 

理化学研究所が薄毛に悩む人のために器官再生技術を駆使した治療法の共同研究をはじめると発表、平成28年度は特に薄毛(はげ)にかかわる業界が大きく変化した事でも有名だ。

 

 

その根拠が2016年の大ニュース

 

加齢による"薄毛脱毛"のしくみを明らかにする

 

薄毛,脱毛

 

本研究チームが発表した概要として

 

「加齢による薄毛脱毛のしくみ」を明らかにするために毛の再生に重要な細胞を供給している毛包幹細胞の運命追跡を行いました。 その結果、毛包幹細胞は毛周期ごとに分裂しますが、加齢に伴って自己複製しなくなり、毛をつくる細胞を生み出す代わりに、表皮の角化細胞へと運命をかえたのち、皮膚表面から落屑する(フケ・垢として脱落していく)ことがわかりました。

 

これによって毛包幹細胞プールとそのニッチが段階的に縮小し、毛包自体が矮小化(ミニチュア化)するため、生えてくる毛が細くなって失われていくことが明らかになった。

 

この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌サイエンスに、2016年2月5日号に発表されました。
<※東京医科歯科大学サイトより引用>

 

 

もう《ハゲは治らない》 なんて定説はもう古いものへとなりつつある様だ。

 

メカニズムも解明されて新技術研究も進み薄毛業界は大きな一歩を踏み出している。
そう、「ハゲは治らない」なんて言っている貴方、いまやもう古いものへとなりつつあるのです。

 

 

東京医科歯科大学の西村栄美教授らが発表した「薄毛はコラーゲンの減少が要因」という研究成果!
コラーゲンはいまや業界の常識に!

 

とはいえ理化学研究所も資生堂もまだまだ研究段階。
そういった意味でリードしているのはやはり某有名国立大学が研究発表した、「薄毛はコラーゲンの減少が要因」説だろう。

 

これまで薄毛といえば男性ホルモンばかりが悪者扱いをされてきたが、今回の研究成果により、従来言われていた薄毛のメカニズムは根底から覆された。この衝撃はメディアも駆け抜け、某人気報道番組でも時間を割いて取り上げられた。

 

某有名国立大学が発表したメカニズムによると、完全につるつるになってしまった箇所から毛が生えてくることはほぼない。つまり毛包幹細胞が生きているうちに手を打たなければ手遅れだと言う事。

 

 

 

この研究発表が出ると同時にネット上は大騒動になったことはご承知の事でしょう。

 

 

 

この流れで、まさかの品薄状態となった商品がある。

 

 

 

それが濃密育毛剤「BUBKA」ブブカだ。

 

 

そこでこの流れでまさかの品薄状態となった商品でもある。

 

復唱になるが、それが濃密育毛剤「BUBKA」だ。

 

 

 

・ココからはそのBUBKA(ぶぶか)の検証と体験談を中心に話します。
※《BUBKAと提携もできました》

 

 

まどろっこしい細かな説明は公式サイトに任すとしてコレを見てほしい。

 

 

これはある30代後半の男性の体験として画像を見てほしい。

 

《名前までは話したくないので仮にA君さんとしておく》

 

 

悩みの部位は頭頂部で、 / 愛用6ヵ月と1週間時の画像である。
「使う前」と「愛用6ヵ月と1週間」でのその効果がひと目でわかる。

 

使う前

薄毛,脱毛

愛用6ヵ月と1週間

薄毛,脱毛

 

Aさんは

髪の毛が生えるという実感が得れられるなんて本当にすごいんだな!と驚きと嬉しさで心が晴れやかになりました。最近は高校生の娘が主人と二人で出かけることも嫌がらずに犬の散歩に二人で出かけるようになりました。

 

 

とコメントをいただきました。

 

毛根がある限り、精魂こめてその通りに6ヶ月あきらめないで育毛と戦うと生えてくるのです。

 

あなたは本気ですか?  


→ >>つづきの更新ページこちらから..